家具類の固定(転倒防止)|東京都中野区の小さなリフォームなら【リフォーム修繕本舗】杉並区、世田谷区他、東京都全域対応

累計実績3,500件突破!

無料見積もり・無料相談実施中!

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応
Reform Menu

リフォームメニュー

家具類の固定(転倒防止)

2022.03.26 2022.03.26

「地震で家具が倒れそうになって、必死で押さえていた」

「目の前にタンスが倒れてきて、怖い思いをした・・」

日常生活では便利に使うことができる家具ですが、大きな地震が来た時には凶器に変わってしまいます。
実際に家具が倒れてきて怪我をしたり、怖い思いをしたりした人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、いつ地震が来ても身を守ることができるように「家具類の固定(転倒防止)」について解説していきたいと思います。

弊社では、家具類の固定(転倒防止)の作業を承っていますので「すぐに対策がしたい!」という人はご連絡ください!

【地震】家具の転倒で怪我をして避難不可!?

東京消防庁の家具類の転倒・落下・移動防止対策ハンドブックによると、近年発生した地震で怪我をした人の多くは「家具類の転倒・落下・移動」が原因となっているようです。

【地震で怪我をした人の中で家具の転倒等が原因である割合】

怪我をした人の中で家具の転倒等が原因である人の割合
宮城県北部地震49.4%
岩手・宮城内陸地震44,6%
新潟県中越地震41,2%

参照)東京消防庁の家具類の転倒・落下・移動防止対策ハンドブック

特に「背の高い家具」や「サイズが大きい家具」が倒れてきた場合は危険です。
倒れてきた際に人が下敷きになると怪我をする可能性が高い上に、避難経路をふさいでしまう恐れがあります。

怪我や避難経路をふさがされたことで発生する二次被害を防ぐためにも、家具の転倒を防ぐのはとても大事です。

家具類の固定をする前に行うこと

家具類の固定を行う前に下記の3つのことを行いましょう。

①もし倒れても避難経路をふさがない場所に
②ベッドやソファに倒れる位置はNG
③収納の仕方・置く場所を工夫

金具などで固定してしまうと、簡単に動かせなくなります。
その前に、安全な場所への配置をしておく必要があるため、事前に確認しておいてください。

家具類固定の前に行うこと①もし倒れても避難経路をふさがない場所に

家具類の固定を行うことで、転倒や落下が起きる可能性を大幅に減らすことができますが、100%それらが起きないとは言えません。

もし、想定以上の大きな地震が来た場合に、固定していた家具が倒れてしまっても避難経路をふさがない場所に家具を設置しましょう。
地震の際に大切なのは「身を守ること」と「避難経路を確保すること」です。

揺れがおさまった時に、すぐに安全な場所へ避難できるように家具のレイアウトを考えてみてください。

家具類固定の前に行うこと②ベッドやソファに倒れる位置はNG

想定以上の揺れがきた時に、ベッドやソファに倒れる位置に「背の高い家具」や「大きな家具」があるのは危険です。

固定する前に、そのような場所に家具がないか確認しましょう。

家具類固定の前に行うこと③収納の仕方・置く場所を工夫

家具の下部に重いものを収納したり、絨毯の上に家具を設置することを避けたりすることでも転倒のリスクを減らすことができます。

固定することも大事ですが、家具本体としても倒れにくいように工夫をしましょう。

家具類の固定方法

家具類の固定方法は様々ありますが、比較的大きな家具にも適用できるものを3つお伝えしていきます。

①L字金具
②突っ張り棒とマット・ストッパー
③着脱式移動防止ベルト

金具を使った固定ではない限り、基本的に2種類の固定方法を併用しましょう。
そうすることで、固定力が上がり、転倒・落下・移動が起きる可能性を低くすることができます。

家具類の固定方法①L字金具

1番固定力があるのは「L字金具」で、家具と壁や天井をネジで固定する方法です。

・ネジの取り付けができる下地があるか確認(柱・間柱・胴縁)
・下地材がない場合は下地補強を行う
・家具の天板が厚みがなくネジが打てない場合は板を載せて天板に固定する

下地材がある箇所にネジを打たないと、固定ができません。
壁を壊してしまう恐れがあるため、ネジを打つ場所はとても大切です。

家具類の固定方法②突っ張り棒とマット・ストッパー

突っ張り棒とマットやストッパーを併用する方法です。
基本的にはL字金具が使えない場合に使用します。

・マット→粘着性のあるゲルを家具と床の間に挟む
・ストッパー→家具と床の間にストッパーを挟み、家具を壁の方に傾かせる

どちらも作業時は家具が不安定になるため、2人以上で作業してくださいね!

家具類の固定方法③着脱式移動防止ベルト

着脱式移動防止ベルトは「キャスター付きの家具」の移動を防ぐ方法です。
キャスターをロックした上で、ベルトで家具と壁を繋ぎ、その場所から動かないようにしましょう

地震の時は、転倒や落下だけではなく、移動してきた家具によって怪我を負ってしまうこともあるので注意が必要です。

東京都で家具類の固定をするなら弊社へ!

今回は家具類の固定(転倒防止)について解説してきました。

【家具類を固定する前に行うこと】
①もし倒れても避難経路をふさがない場所に
②ベッドやソファに倒れる位置はNG
③収納の仕方・置く場所を工夫

【家具類の固定方法】
①L字金具
②突っ張り棒とマット・ストッパー
③着脱式移動防止ベルト

弊社では家具類の固定(転倒防止)の作業を承っています!

「自分ではビス打ちが難しい」という場合は、下記の問い合わせフォームより気軽にご相談ください♪

家具類の固定(転倒防止)に関する
お問い合わせ中野区、杉並区、世田谷区を中心に
東京都全域対応、
お気軽にお問い合わせください

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応

  1. 01.情報入力
  2. 02.内容確認
  3. 03.送信完了

お問い合わせ、要望がございましたら、以下のフォームに必要事項をご記入いただき、
プライバシーポリシーをご確認の上、送信してください。

*は必須項目です。

お問い合わせ項目
お名前
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)
ご希望の連絡方法
お問い合わせ内容

個人情報保護方針

ホームテックワン(以下、「当社」といいます。)は、個人情報及び個人データの取扱いについて、以下の通りプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(定義)

  • 1 「個人情報データベース等」とは、当社が、1.氏名、メールアドレス、本サービスの利用履歴を含む個人情報(個人情報保護法第2条第1項に定義される個人情報を指します。以下同じ。)をコンピュータを用いて検索できるように体系的にに構成したもの及び2.コンピュータを用いないものであっても、これに含まれる個人情報を一定の規則に従って整理することにより、特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成した情報の集合物であって、目次、索引その他検索を容易にするためのものを有するものを言います。ただし、利用方法から見て、個人の権利利益を害する恐れが少ないものとして、以下のいずれにも該当するものを除きます。
  • (1)法又は法に基づく命令の規定に違反することなく、不特定かつ多数の者に販売することを目的として発行されたもの
  • (2)不特定かつ多数の者により随時に購入することができ、又はできたもの
  • (3)生存する個人に関する他の情報を加えることなくその本来の用途に供しているもの
  • 2 「個人データ」とは、個人情報のうち、個人情報データベース等を構成するものをいいます。

第2条(法令の遵守)

当社は、個人情報保護法その他の法令及び関連するガイドラインを遵守して、個人情報及び個人データを取り扱います。

第3条(利用目的)

当社は、以下に定める目的の範囲内で個人情報を利用します。

  • (1)お客様のからのお問い合わせに対応するため
  • (2)お客様に対する各種ご案内・ご連絡のため
  • (3)お客様に対する各種サービス・商品提供のため
  • (4)サービス・セミナー・イベント等のご案内のため
  • (5)メールマガジン配信のため
  • (6)当社のその他マーケティング活動のため
  • (7)当社の採用選考のため
  • (8)当社従業員の雇用管理のため

第4条(安全管理措置)

当社は、個人データの漏えい、滅失または棄損の防止その他の管理のために必要かつ適切な安全管理措置を講じます。さらに、個人データを取り扱う従業員に対して、必要かつ適切な監督を行います。

第5条(個人情報保護マネジメントシステムの改善)

当社は、個人情報保護マネジメントシステムを管理・運用し、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

第6条(個人データの第三者提供)

当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめお客様の同意を得ることなく、第三者に個人データを提供しません。

  • (1)当社が、前条に定める利用目的の達成に必要な範囲内において個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合
  • (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合
  • (3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (5)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • (6)上記各号に掲げるほか、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

第7条(Googleアナリティクスの利用)

当社は、本ホームページを利用するお客様のプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信及び統計データの取得のため、Googleアナリティクスを使用する場合があります。Googleアナリティクスは、Cookieを用いてトラフィックデータを収集しますが、収集されるデータは匿名であり、個人情報を含むものではありません。詳細については以下のGoogleのウェブサイトをご覧ください。

ユーザーがGoogleパートナーのサイトやアプリを使用する際のGoogleによるデータ使用

第8条(個人データの開示等)

当社は個人情報保護法の定めに基づき、個人データ(当社が開示する権限を有するものに限ります。いか、本条及び次条において同じ。)の利用目的の通知又は個人データの開示を求められたときは、ご本人からのご請求であることを確認の上で、遅滞なく通知又は開示を行います(当該個人データが存在しない時にはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が通知又は開示義務を負わない場合は、この限りではありません。なお、個人データの利用目的の通知又は開示に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第9条(個人データの訂正及び利用停止等)

当社は、個人情報保護法の定めに基づき、(1)個人データの内容の訂正(追加又は削除を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合、及び(2)個人データの利用停止(第三者提供の停止を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合には、ご本人からのご請求であることを確認の上で遅滞なく必要な調査を行い、その結果、当社が必要と判断したときは、個人データの内容の訂正又は利用停止を行い、その旨を通知します。なお、訂正又は利用停止を行わない旨の決定をしたときは、その旨を通知いたします。なお、個人データの内容の訂正又は利用停止に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第10条(お問い合わせ窓口)

個人データの取扱いに関するご質問又はご苦情は、お問い合わせフォーム又は以下の窓口にご連絡ください。

〒164-0002 東京都中野区上高田4-34-5スクエア102
ホームテックワン リフォーム修繕本舗相談窓口
個人情報保護管理者:石塚 重賢
TEL:0120-489-024
(受付時間 月曜から金曜日 祝祭日を除く9時-20時)

第11条(プライバシーポリシーの変更)

当社は、必要に応じて本ポリシーを変更することがあります。但し、法令上同意が必要になるような変更を行う場合、変更後の本ポリシーは、当社所定の方法で変更に同意した方に対してのみ適用されるものとします。なお、当社は、本ポリシーを変更する場合には、変更後の本ポリシーの施行時期及び内容を当社のウェブサイト上の表示その他の適切な方法により周知、又は通知します。

関連記事

最短即日
対応エリア

中野区杉並区世田谷区目黒区練馬区板橋区新宿区渋谷区豊島区武蔵野市三鷹市調布市西東京市狛江市その他エリア