塀の修理・新設|東京都中野区の小さなリフォームなら【リフォーム修繕本舗】杉並区、世田谷区他、東京都全域対応

累計実績3,500件突破!

無料見積もり・無料相談実施中!

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応
Reform Menu

リフォームメニュー

塀の修理・新設

2021.12.07 2022.01.09
外構エクステリア

「ブロック塀にひび割れがあるのだけど、少しくらいは大丈夫だよね?」
「土壁の塀が最近ポロポロ崩れてきているのが気になる」

このように塀は毎日使うようなものではないものの、不意に視線に入った時に「劣化」が気になるという事がありますよね。

「外にあるものだから、劣化するのは仕方ない!」と、そのまま何もせずに放置してしまうと、地震や台風の時に崩壊してしまい、人が下敷きになってしまう事故が起きてしまうかもしれません・・。

実際に東日本大震災などの大きな地震の時は、多くの塀が崩れて、怪我を負った人が多くいました。

「自分の塀が誰かを傷つけるかもしれない」という認識をもって適切な修理を行うことが大切です!

そこで今回は塀の修理の内容を中心にお伝えしていきたいと思います。

記事の後半では「塀の新設を考えている人」の為に、塀を設置する際の注意点についてもお伝えしていきます。

是非参考にしてみて下さいね♪

塀の修理が必要な状態とは?

住宅における「塀」は、主に「コンクリート・土・木」で作られています。

また、見た目がコンクリート等の素材に見えるように加工された、人工的に作られた素材も多く使われています。

使われている素材が自然由来の土や木であっても、人工物であっても、紫外線や外の環境下における影響を受け発生するのが「経年劣化」です。

塀は高いものであれば2m以上もあり、劣化が大きな事故に繋がってしまうケースもあります。

下記のような状態が見られた場合は、適切な修理を行いましょう。

①塀にひび割れ・破損がある
②塀が傾いている
③土台部分にひび割れ・破損がある

定期的に塀を点検しておく事で、軽微な修理で対応が可能です。

大きな地震や台風の後、季節の変わり目などに点検をする習慣をつけておくとよいかもしれません。

塀の修理が必要な状態①塀にひび割れがある

塀にひび割れが生じている場合は、修理が必要です。

1mm程度のとても細かいひび割れであれば許容範囲ではありますが、ひび割れの隙間に汚れや小石が入り込むようなレベルのひび割れは「耐久性が低下」している状態。

大きな地震や台風の影響を受けると、倒壊や大部分の破損に繋がってしまう可能性があります。

また、倒壊すると事故に繋がるリスクが高いコンクリートのブロック塀では、ひび割れはとても危険な状態です。

ひび割れは中の鉄筋がサビてしまっている証拠なので、支える鉄筋が役割を果たせず、塀自体が既にグラグラしている事もあります。

軽度のひび割れであれば、専用の補修材で自分で対応が可能ですが、ひび割れが進行してしまっている場合は専門業者に依頼し、修理を行ってもらいましょう。

塀の修理が必要な状態②塀が傾いている

塀が「垂直状態」を保てていない場合は、早急に修理が必要です。

新たな支えの壁を新設したり、補強を行ったりして垂直状態を保つように作業します。

しかし、傾きがひどいのであれば、もはや修理できる状態にはないかもしれません。
塀を支える核の部分や塀自体の耐久性が損なわれている場合は、一度解体して、塀を新設する方が安全です。

このように「傾き」は、とても危険な状態です。

ちょっとの衝撃で倒壊してしまう可能性もあるので、早期に専門業者に依頼して修理や補強を行ってもらいましょう。

塀の修理が必要な状態③土台部分にひび割れ・破損がある

塀の点検を行う時は、塀自体の点検だけではなく「土台」の点検も必要です。

多くの塀は、土台となるコンクリートや束石の上に設置されています。

基盤となる土台が崩れてしまえば、どんなに頑丈な塀を立てていても全て崩れてしまうのです。

土台にひび割れや破損が多くみられる場合は、中の鉄筋がサビてしまっていたり、土台自体の経年劣化が進んでしまっていたりする可能性があります。

軽微なひび割れや破損であれば補修材で対応が可能なので、早めに対処するようにしましょう。

塀を新設する際の注意点とは?

塀をこれから新設するという人に注意してほしいのが「塀の高さ」です。

2022年現在の建築基準法では、下記のように高さが定められています。

・組積造 1.2m以下
・補強コンクリートブロック造 2.2m以下

「組積造」というのは「積み上げる」という意味であり、レンガや石(コンリート等)を接着しながら積み上げていく塀の事を意味しています。

それぞれ高さの制限がされているので、その範囲内で設置するようにしましょう。

また、地域ごとに使用可能な塀の種類や高さ、施工方法などが定められている場合があります。

塀を作る際は自治体のホームページをよく確認して、規律を守りながら工事を進めて下さいね。

塀の修理・新設の費用相場は?

塀の修理や新設する際の費用相場は下記の通りとなっています。

施工する工事業者や使用する材料・塀によっても価格は変動しますので、1つの目安として確認してみて下さい。

・塀のひび割れ補修 2万円〜/m
・塀の解体 5万円〜/㎡
・塀の新設 3万円〜/㎡

東京都中野区で塀を修理・新設する場合は弊社にお任せ下さい!

今回は塀の修理・新設について詳しくお伝えしてきました。
修理が必要な状態は下記の通りです。

①塀にひび割れ・破損がある
②塀が傾いている
③土台部分にひび割れ・破損がある

状態によっては全て解体して、新設した方が安く仕上がる可能性もあります。
修理を重ねるよりも耐久性が上がり、とても安全な塀となるでしょう。

塀は倒壊してしまうと、大きな事故が発生してしまうリスクがあるものです。
適切なメンテナンスや修理を行い、事故が起きないように管理して下さいね。

「塀にひび割れがあって不安になってきた・・」という人は下記のお問合せフォームよりご相談下さい!

一緒に最善策を見つけ出しましょう。

塀の修理・新設に関する
お問い合わせ中野区、杉並区、世田谷区を中心に
東京都全域対応、
お気軽にお問い合わせください

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応

  1. 01.情報入力
  2. 02.内容確認
  3. 03.送信完了

お問い合わせ、要望がございましたら、以下のフォームに必要事項をご記入いただき、
プライバシーポリシーをご確認の上、送信してください。

*は必須項目です。

お問い合わせ項目
お名前
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)
ご希望の連絡方法
お問い合わせ内容

個人情報保護方針

ホームテックワン(以下、「当社」といいます。)は、個人情報及び個人データの取扱いについて、以下の通りプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(定義)

  • 1 「個人情報データベース等」とは、当社が、1.氏名、メールアドレス、本サービスの利用履歴を含む個人情報(個人情報保護法第2条第1項に定義される個人情報を指します。以下同じ。)をコンピュータを用いて検索できるように体系的にに構成したもの及び2.コンピュータを用いないものであっても、これに含まれる個人情報を一定の規則に従って整理することにより、特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成した情報の集合物であって、目次、索引その他検索を容易にするためのものを有するものを言います。ただし、利用方法から見て、個人の権利利益を害する恐れが少ないものとして、以下のいずれにも該当するものを除きます。
  • (1)法又は法に基づく命令の規定に違反することなく、不特定かつ多数の者に販売することを目的として発行されたもの
  • (2)不特定かつ多数の者により随時に購入することができ、又はできたもの
  • (3)生存する個人に関する他の情報を加えることなくその本来の用途に供しているもの
  • 2 「個人データ」とは、個人情報のうち、個人情報データベース等を構成するものをいいます。

第2条(法令の遵守)

当社は、個人情報保護法その他の法令及び関連するガイドラインを遵守して、個人情報及び個人データを取り扱います。

第3条(利用目的)

当社は、以下に定める目的の範囲内で個人情報を利用します。

  • (1)お客様のからのお問い合わせに対応するため
  • (2)お客様に対する各種ご案内・ご連絡のため
  • (3)お客様に対する各種サービス・商品提供のため
  • (4)サービス・セミナー・イベント等のご案内のため
  • (5)メールマガジン配信のため
  • (6)当社のその他マーケティング活動のため
  • (7)当社の採用選考のため
  • (8)当社従業員の雇用管理のため

第4条(安全管理措置)

当社は、個人データの漏えい、滅失または棄損の防止その他の管理のために必要かつ適切な安全管理措置を講じます。さらに、個人データを取り扱う従業員に対して、必要かつ適切な監督を行います。

第5条(個人情報保護マネジメントシステムの改善)

当社は、個人情報保護マネジメントシステムを管理・運用し、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

第6条(個人データの第三者提供)

当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめお客様の同意を得ることなく、第三者に個人データを提供しません。

  • (1)当社が、前条に定める利用目的の達成に必要な範囲内において個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合
  • (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合
  • (3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (5)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • (6)上記各号に掲げるほか、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

第7条(Googleアナリティクスの利用)

当社は、本ホームページを利用するお客様のプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信及び統計データの取得のため、Googleアナリティクスを使用する場合があります。Googleアナリティクスは、Cookieを用いてトラフィックデータを収集しますが、収集されるデータは匿名であり、個人情報を含むものではありません。詳細については以下のGoogleのウェブサイトをご覧ください。

ユーザーがGoogleパートナーのサイトやアプリを使用する際のGoogleによるデータ使用

第8条(個人データの開示等)

当社は個人情報保護法の定めに基づき、個人データ(当社が開示する権限を有するものに限ります。いか、本条及び次条において同じ。)の利用目的の通知又は個人データの開示を求められたときは、ご本人からのご請求であることを確認の上で、遅滞なく通知又は開示を行います(当該個人データが存在しない時にはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が通知又は開示義務を負わない場合は、この限りではありません。なお、個人データの利用目的の通知又は開示に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第9条(個人データの訂正及び利用停止等)

当社は、個人情報保護法の定めに基づき、(1)個人データの内容の訂正(追加又は削除を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合、及び(2)個人データの利用停止(第三者提供の停止を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合には、ご本人からのご請求であることを確認の上で遅滞なく必要な調査を行い、その結果、当社が必要と判断したときは、個人データの内容の訂正又は利用停止を行い、その旨を通知します。なお、訂正又は利用停止を行わない旨の決定をしたときは、その旨を通知いたします。なお、個人データの内容の訂正又は利用停止に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第10条(お問い合わせ窓口)

個人データの取扱いに関するご質問又はご苦情は、お問い合わせフォーム又は以下の窓口にご連絡ください。

〒164-0002 東京都中野区上高田4-34-5スクエア102
ホームテックワン リフォーム修繕本舗相談窓口
個人情報保護管理者:石塚 重賢
TEL:0120-489-024
(受付時間 月曜から金曜日 祝祭日を除く9時-20時)

第11条(プライバシーポリシーの変更)

当社は、必要に応じて本ポリシーを変更することがあります。但し、法令上同意が必要になるような変更を行う場合、変更後の本ポリシーは、当社所定の方法で変更に同意した方に対してのみ適用されるものとします。なお、当社は、本ポリシーを変更する場合には、変更後の本ポリシーの施行時期及び内容を当社のウェブサイト上の表示その他の適切な方法により周知、又は通知します。

関連記事

最短即日
対応エリア

中野区杉並区世田谷区目黒区練馬区板橋区新宿区渋谷区豊島区武蔵野市三鷹市調布市西東京市狛江市その他エリア