庭木(薬剤散布)|東京都中野区の小さなリフォームなら【リフォーム修繕本舗】杉並区、世田谷区他、東京都全域対応

累計実績3,500件突破!

無料見積もり・無料相談実施中!

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応
Reform Menu

リフォームメニュー

庭木(薬剤散布)

2022.04.15 2022.04.16

「みんな庭木に薬剤をまいているようだけど・・それって、必要なの?」

このように疑問をもっている人はいませんか?

趣味で始めた家庭菜園。

徐々に規模を拡大して、庭木を植え始めてみたものの、他のお宅のように薬剤散布はしたことがないという人は多いかもしれません。

しかし!結論から言えば、薬剤散布は必要です。

人間が風邪を引いた時に風邪薬を飲むように、庭木にとっても何らかの予防策や対処は必要になります。

「そんなこと言っても、どんな薬剤を、いつまけばいいのかわからない!」という人は、弊社にご相談ください。
弊社の方で薬剤散布の作業を行わせていただきます!

なぜ庭木への薬剤散布が必要なの?

薬剤塗布が必要な理由は「予防」と「対処」にあります。

害虫や病気の被害が大きくなると、住宅の外壁の劣化が進んだり、家族の中でアレルギー症状が出る人がでたりと、庭木以外へ影響が出る恐れがあり危険です。

薬剤塗布の必要性を頭に入れ、後ほどお伝えする適切な時期に、専門業者に依頼して作業を行ってもらいましょう!

害虫や病気の被害予防

「殺菌剤」に分類される薬剤を散布することで、害虫や病気の被害を予防することができます。

皆さんは、毎年インフルエンザの予防接種を受けていますか?

インフルエンザにかからないように、毎年多くの人が受けていますよね。
庭木にとって、成長を邪魔する害虫や病気はインフルエンザのようなものです。

適切な「薬剤」を自分に摂取することで、その被害を防ぐことができます。

「なんの被害もないから大丈夫!」というのは、今だけかもしれません。
気づいていないところで、被害が進んでいる恐れもあるため、薬剤散布によって予防を行いましょう!

発生している被害への対処

「殺虫剤」を使用することで、既に発生している害虫や病気の被害への対処をすることができます。

被害があるまま放置すると、庭木が枯れてしまったり、他の植物へ被害が拡大したりしてしまうので注意が必要です。

また、カビが原因である病気の被害が拡大すると、沢山の胞子を空気中に放出し、住宅の外壁や室内の内装材へ付着します。
すると、外壁材は胞子の根に含まれる水分によってもろくなり、住宅内では家族にアレルギー反応が出る可能性が高くなるのです・・。

少しでもこのような住宅や人への影響を抑えたいのなら、薬剤散布を行う必要があります!

庭木への薬剤散布のタイミングと薬剤選びのポイント

庭木への薬剤散布を行う際は「タイミング」と「薬剤選びのポイントを抑えること」が大切です。

せっかく元気にしようとして薬剤を散布したのに、逆に成長を邪魔してしまうこともあるので、注意しましょう。

薬剤散布は年3回

基本的に、庭木への薬剤散布は下記のタイミングで、年3回行いましょう。

一度の薬剤散布は、庭木の高さや選択する薬剤によって異なりますが、2,000円〜1万円程度で作業が可能です。
詳細な価格については、庭木や庭の環境などを確認させていただいた上で算出いたしますので、気軽にお問合せください!

・1〜2月

・3〜5月

・7〜9月

1〜2月は「予防」、3〜5月と7〜8月は「対処」が主な目的となります。

「1〜2月は別にいらないんじゃないの?」と思う人も多いかもしれませんが、この時期に薬剤を散布して、被害を受けないような状態にしておくことが大切なのです。

春になって活発に活動し始める時に、健康な状態でスタートできるため、健やかに成長していくことができます。

7〜9月は何回かに分けて

夏は害虫や病気の病原菌が「最も活発に活動する季節」です。

そのため、1回の薬剤散布では、全ての害虫や病原菌に対して対処できない可能性が高いため、何度かに分けて散布を行いましょう。

薬剤選びのポイント

害虫や病気によって、効果がある薬剤は異なります。
そのため、どんな被害が起きているのかを判断し、その上で薬剤を選ぶことが大切です。

庭木で被害が多い害虫や病気は下記の通りです。

【害虫】
・アブラムシ
・カイガラムシ
・カメムシ
・イラガ
・ハダニ 、、等

【病気】
・うどんこ病
・すす病
・褐斑病 、、等

「自分で判断するのは難しい!」という人は、弊社にご依頼いただければ、薬剤の選定は弊社の方で行わせていただきます。

庭木の害虫・病気の被害を予防するには?

害虫や病気の被害を予防するためと被害へ対処するために「薬剤散布」が有効であることをお伝えしてきました。

しかし、薬剤散布だけではなく「定期的な剪定を行うこと」も大切です。
剪定を行うことで、枝葉への日当たりや風通しがよくなり、害虫や病原菌が繁殖しにくい環境にすることができます。

剪定については下記のページで詳しく解説していますので、こちらも合わせてチェックしてみてください♪

剪定について

東京都で庭木へ薬剤散布をするなら弊社へ!

今回は庭木への薬剤散布について解説してきました。

【薬剤散布を行う理由】
・予防と対処のため

・殺菌剤や殺虫剤を使い分けることで、被害を予防したり、被害への対処をしたりすることができる

【薬剤散布について】
・年3回を目安に

・予防や対処したい害虫・病気によって薬剤は異なる

弊社では、害虫の繁殖や病気による被害を防ぐための薬剤散布を承っています。

害虫や病気の被害が進行すると、せっかく大事に植えてきた庭木が枯れてしまうこともあるので、早めに薬剤散布を行いましょう!
「庭木の葉の色が、なんだかおかしい」と感じたら、気軽に弊社にご相談ください。

庭木(薬剤散布)に関する
お問い合わせ中野区、杉並区、世田谷区を中心に
東京都全域対応、
お気軽にお問い合わせください

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応

  1. 01.情報入力
  2. 02.内容確認
  3. 03.送信完了

お問い合わせ、要望がございましたら、以下のフォームに必要事項をご記入いただき、
プライバシーポリシーをご確認の上、送信してください。

*は必須項目です。

お問い合わせ項目
お名前
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)
ご希望の連絡方法
お問い合わせ内容

個人情報保護方針

ホームテックワン(以下、「当社」といいます。)は、個人情報及び個人データの取扱いについて、以下の通りプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(定義)

  • 1 「個人情報データベース等」とは、当社が、1.氏名、メールアドレス、本サービスの利用履歴を含む個人情報(個人情報保護法第2条第1項に定義される個人情報を指します。以下同じ。)をコンピュータを用いて検索できるように体系的にに構成したもの及び2.コンピュータを用いないものであっても、これに含まれる個人情報を一定の規則に従って整理することにより、特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成した情報の集合物であって、目次、索引その他検索を容易にするためのものを有するものを言います。ただし、利用方法から見て、個人の権利利益を害する恐れが少ないものとして、以下のいずれにも該当するものを除きます。
  • (1)法又は法に基づく命令の規定に違反することなく、不特定かつ多数の者に販売することを目的として発行されたもの
  • (2)不特定かつ多数の者により随時に購入することができ、又はできたもの
  • (3)生存する個人に関する他の情報を加えることなくその本来の用途に供しているもの
  • 2 「個人データ」とは、個人情報のうち、個人情報データベース等を構成するものをいいます。

第2条(法令の遵守)

当社は、個人情報保護法その他の法令及び関連するガイドラインを遵守して、個人情報及び個人データを取り扱います。

第3条(利用目的)

当社は、以下に定める目的の範囲内で個人情報を利用します。

  • (1)お客様のからのお問い合わせに対応するため
  • (2)お客様に対する各種ご案内・ご連絡のため
  • (3)お客様に対する各種サービス・商品提供のため
  • (4)サービス・セミナー・イベント等のご案内のため
  • (5)メールマガジン配信のため
  • (6)当社のその他マーケティング活動のため
  • (7)当社の採用選考のため
  • (8)当社従業員の雇用管理のため

第4条(安全管理措置)

当社は、個人データの漏えい、滅失または棄損の防止その他の管理のために必要かつ適切な安全管理措置を講じます。さらに、個人データを取り扱う従業員に対して、必要かつ適切な監督を行います。

第5条(個人情報保護マネジメントシステムの改善)

当社は、個人情報保護マネジメントシステムを管理・運用し、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

第6条(個人データの第三者提供)

当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめお客様の同意を得ることなく、第三者に個人データを提供しません。

  • (1)当社が、前条に定める利用目的の達成に必要な範囲内において個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合
  • (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合
  • (3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (5)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • (6)上記各号に掲げるほか、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

第7条(Googleアナリティクスの利用)

当社は、本ホームページを利用するお客様のプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信及び統計データの取得のため、Googleアナリティクスを使用する場合があります。Googleアナリティクスは、Cookieを用いてトラフィックデータを収集しますが、収集されるデータは匿名であり、個人情報を含むものではありません。詳細については以下のGoogleのウェブサイトをご覧ください。

ユーザーがGoogleパートナーのサイトやアプリを使用する際のGoogleによるデータ使用

第8条(個人データの開示等)

当社は個人情報保護法の定めに基づき、個人データ(当社が開示する権限を有するものに限ります。いか、本条及び次条において同じ。)の利用目的の通知又は個人データの開示を求められたときは、ご本人からのご請求であることを確認の上で、遅滞なく通知又は開示を行います(当該個人データが存在しない時にはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が通知又は開示義務を負わない場合は、この限りではありません。なお、個人データの利用目的の通知又は開示に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第9条(個人データの訂正及び利用停止等)

当社は、個人情報保護法の定めに基づき、(1)個人データの内容の訂正(追加又は削除を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合、及び(2)個人データの利用停止(第三者提供の停止を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合には、ご本人からのご請求であることを確認の上で遅滞なく必要な調査を行い、その結果、当社が必要と判断したときは、個人データの内容の訂正又は利用停止を行い、その旨を通知します。なお、訂正又は利用停止を行わない旨の決定をしたときは、その旨を通知いたします。なお、個人データの内容の訂正又は利用停止に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第10条(お問い合わせ窓口)

個人データの取扱いに関するご質問又はご苦情は、お問い合わせフォーム又は以下の窓口にご連絡ください。

〒164-0002 東京都中野区上高田4-34-5スクエア102
ホームテックワン リフォーム修繕本舗相談窓口
個人情報保護管理者:石塚 重賢
TEL:0120-489-024
(受付時間 月曜から金曜日 祝祭日を除く9時-20時)

第11条(プライバシーポリシーの変更)

当社は、必要に応じて本ポリシーを変更することがあります。但し、法令上同意が必要になるような変更を行う場合、変更後の本ポリシーは、当社所定の方法で変更に同意した方に対してのみ適用されるものとします。なお、当社は、本ポリシーを変更する場合には、変更後の本ポリシーの施行時期及び内容を当社のウェブサイト上の表示その他の適切な方法により周知、又は通知します。

関連記事

最短即日
対応エリア

中野区杉並区世田谷区目黒区練馬区板橋区新宿区渋谷区豊島区武蔵野市三鷹市調布市西東京市狛江市その他エリア