畳(表替え・取り替え)|東京都中野区の小さなリフォームなら【リフォーム修繕本舗】杉並区、世田谷区他、東京都全域対応

累計実績3,500件突破!

無料見積もり・無料相談実施中!

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応
Reform Menu

リフォームメニュー

畳(表替え・取り替え)

2022.01.27 2022.01.27

畳はフローリングとは掃除やメンテナンスの仕方が異なります。

「畳にコーヒーをこぼしてしまった!」
「日が当たって畳の色が変わってきた」

このような状況においても畳特有の対処が必要です。

しかし畳に親しみがない世代では「表替え?という言葉は聞いたことがあるけど、一体それは何?」と、畳のメンテナンス方法がわからない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は畳の部材や汚くなった際のメンテナンス方法について詳しくお伝えしてたいと思います。

畳を構成する3要素”畳表・畳床・畳縁”って何?

畳を構成しているのは次の3つの部分です。

①畳表
②畳床
③畳縁

それぞれどの部分を指しているのか詳しくみていきましょう。

畳を構成する3要素①畳表

畳表というのは、設置した時に表にくる「ござ」の部分のことです。

従来の畳表は麻などの経糸(たていと)、イグサの緯糸(よこいと)を交互に織り込んで作っていましたが、現在では樹脂製・化学繊維を使ったものもあります。
イグサや麻を使ったものは、保温性・除湿性共に優れており、自然素材ならではの香りや風合いが魅力です。

一方、樹脂や化学繊維の畳表では簡単に水拭きで掃除が可能であることや、表面が毛羽立ちにくいなどの耐久性が魅力。

新しい畳のそのままの姿を長く維持できる上に、比較的価格も安いので現在の新築ではこちらが使われることが多いです。

畳を構成する3要素②畳床

畳床は、畳表を張るための土台になる部分です。

従来の畳では乾燥させた稲藁(いなわら)を重ね、圧縮したものを使用していましたが、現在ではタタミボードやポリスチレンフォームが利用されることが多くなりました。

稲藁を圧縮させた畳床は、弾力性がある上に断熱性にも優れています。
歩行性がとても良く、畳本来のあたたかみを感じることができるのが魅力です。

しかし、重量がポリスチレンフォームよりも重いことや、稲藁自体の生産量が減少していることからあまり使われなくなってしまいました。

皆さんのお宅の畳床はどちらのタイプでしょうか?
畳床によっても耐久性やメンテナンス方法が異なりますので、確認してみてくださいね。

畳を構成する3要素③畳縁

畳縁とは、畳の側面にある布生地のことです。
市松模様などの柄がついていたり、青や緑の無地であったりします。
布生地の種類や柄が違うだけで、部屋の印象が大きく変わるので、とても重要な部分でもあります。

しかし、現在では畳縁をつけない畳も増えています。
住宅の洋風化に伴って、畳を使うとしても他の居室とのバランスをとる人が増えているためです。

特に正方形の畳が使われることが多くなったことで、畳縁の役割がなくなってしまいました。
若い世代では畳は縁がないものとして認識されているかもしれませんね。

使用後3年は裏返しの色褪せは裏返しで対応可能!

畳を新調・メンテナンスして3年程度経過して「歩行時に靴下に引っかかる」「色褪せてきている」と感じた場合は『裏返し』をすることで、綺麗な表面を使うことができます。

畳は両方の面を使うことができるので、今まで表にしていなかった方を表側にして、畳床に貼り直す作業を行っていきます。

作業費用は、1畳につき「5,000円程度」です。

あまりにも色あせや傷みが激しい状態であれば新調した時のように青々とした綺麗な状態に戻すのは難しいですが、軽微な汚れがあるレベルであれば新調した時同様の状態に戻すことが可能です。
裏返しを行うのであれば、早めに行うように心がけましょう。

また、裏返しは「1度」しか行うことができないことに注意してください。
新調して使っていた面、そして裏返しを行って綺麗にした面。

どちらも汚くなってしまった場合や色褪せてきた場合は、次項でお伝えする「表替え」か「新調」を行うことになります。

既に裏返しを行ってしまった人、裏返しができない程傷んでしまった人は、次の項で対応を確認してみてくださいね♪

表替えと新調(取り替え)は何が違うの?

表替えと新調(取り替え)の違いは「今あるものを使うかどうか」という点です。

表替えは「今ある畳の畳床はそのまま使用する」のに対し、新調は「全て新しいものに交換」します。

・臭いがこびりついてしまった
・全体的に傷みが激しい
・部屋の雰囲気を心機一転したい

このような場合は、新調がおすすめです。

全ての臭い・見た目・イメージがリセットされるので、畳がある部屋として新しいスタートをきることができます!

選択するイグサの産地や品質によってグレードが決められており「 1〜4万円程度/畳」で新調することが可能です。

一方の表替えは「まだまだこの畳を使いたい」と思った時などに行っていきます。
費用は「1〜2万円程度/畳」と新調よりも費用を抑えられるので大きな傷みがない限りは表替えをするのがよいでしょう。

表替えを行う年数としては、裏返しを行った後「3〜5年」を目安に表替えを行うのがおすすめです。
また、裏返しができないほど傷みが激しい場合のメンテナンスも表替えとなります。

東京都杉並区で畳の表替え・新調(取り替え)をしたいなら弊社へ!

畳の構成やメンテナンス方法についてお伝えしてきました。

メンテナンスの順番としては・・

①裏返し
②表替え
③新調(取り替え)

となっています。
皆さんのお宅の畳の状態に応じて、メンテナンス方法を検討してみてください。

しかし「自分ではどの方法がいいのかわからない!」という人も多いのではないでしょうか?
そういった時は下記のお問合せフォームより、ご連絡ください。

些細なことでも弊社がご相談を受け付けております!
最適な畳のメンテナンスを行っていきましょう。

畳(表替え・取り替え)に関する
お問い合わせ中野区、杉並区、世田谷区を中心に
東京都全域対応、
お気軽にお問い合わせください

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応

  1. 01.情報入力
  2. 02.内容確認
  3. 03.送信完了

お問い合わせ、要望がございましたら、以下のフォームに必要事項をご記入いただき、
プライバシーポリシーをご確認の上、送信してください。

*は必須項目です。

お問い合わせ項目
お名前
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)
ご希望の連絡方法
お問い合わせ内容

個人情報保護方針

ホームテックワン(以下、「当社」といいます。)は、個人情報及び個人データの取扱いについて、以下の通りプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(定義)

  • 1 「個人情報データベース等」とは、当社が、1.氏名、メールアドレス、本サービスの利用履歴を含む個人情報(個人情報保護法第2条第1項に定義される個人情報を指します。以下同じ。)をコンピュータを用いて検索できるように体系的にに構成したもの及び2.コンピュータを用いないものであっても、これに含まれる個人情報を一定の規則に従って整理することにより、特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成した情報の集合物であって、目次、索引その他検索を容易にするためのものを有するものを言います。ただし、利用方法から見て、個人の権利利益を害する恐れが少ないものとして、以下のいずれにも該当するものを除きます。
  • (1)法又は法に基づく命令の規定に違反することなく、不特定かつ多数の者に販売することを目的として発行されたもの
  • (2)不特定かつ多数の者により随時に購入することができ、又はできたもの
  • (3)生存する個人に関する他の情報を加えることなくその本来の用途に供しているもの
  • 2 「個人データ」とは、個人情報のうち、個人情報データベース等を構成するものをいいます。

第2条(法令の遵守)

当社は、個人情報保護法その他の法令及び関連するガイドラインを遵守して、個人情報及び個人データを取り扱います。

第3条(利用目的)

当社は、以下に定める目的の範囲内で個人情報を利用します。

  • (1)お客様のからのお問い合わせに対応するため
  • (2)お客様に対する各種ご案内・ご連絡のため
  • (3)お客様に対する各種サービス・商品提供のため
  • (4)サービス・セミナー・イベント等のご案内のため
  • (5)メールマガジン配信のため
  • (6)当社のその他マーケティング活動のため
  • (7)当社の採用選考のため
  • (8)当社従業員の雇用管理のため

第4条(安全管理措置)

当社は、個人データの漏えい、滅失または棄損の防止その他の管理のために必要かつ適切な安全管理措置を講じます。さらに、個人データを取り扱う従業員に対して、必要かつ適切な監督を行います。

第5条(個人情報保護マネジメントシステムの改善)

当社は、個人情報保護マネジメントシステムを管理・運用し、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

第6条(個人データの第三者提供)

当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめお客様の同意を得ることなく、第三者に個人データを提供しません。

  • (1)当社が、前条に定める利用目的の達成に必要な範囲内において個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合
  • (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合
  • (3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (5)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • (6)上記各号に掲げるほか、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

第7条(Googleアナリティクスの利用)

当社は、本ホームページを利用するお客様のプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信及び統計データの取得のため、Googleアナリティクスを使用する場合があります。Googleアナリティクスは、Cookieを用いてトラフィックデータを収集しますが、収集されるデータは匿名であり、個人情報を含むものではありません。詳細については以下のGoogleのウェブサイトをご覧ください。

ユーザーがGoogleパートナーのサイトやアプリを使用する際のGoogleによるデータ使用

第8条(個人データの開示等)

当社は個人情報保護法の定めに基づき、個人データ(当社が開示する権限を有するものに限ります。いか、本条及び次条において同じ。)の利用目的の通知又は個人データの開示を求められたときは、ご本人からのご請求であることを確認の上で、遅滞なく通知又は開示を行います(当該個人データが存在しない時にはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が通知又は開示義務を負わない場合は、この限りではありません。なお、個人データの利用目的の通知又は開示に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第9条(個人データの訂正及び利用停止等)

当社は、個人情報保護法の定めに基づき、(1)個人データの内容の訂正(追加又は削除を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合、及び(2)個人データの利用停止(第三者提供の停止を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合には、ご本人からのご請求であることを確認の上で遅滞なく必要な調査を行い、その結果、当社が必要と判断したときは、個人データの内容の訂正又は利用停止を行い、その旨を通知します。なお、訂正又は利用停止を行わない旨の決定をしたときは、その旨を通知いたします。なお、個人データの内容の訂正又は利用停止に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第10条(お問い合わせ窓口)

個人データの取扱いに関するご質問又はご苦情は、お問い合わせフォーム又は以下の窓口にご連絡ください。

〒164-0002 東京都中野区上高田4-34-5スクエア102
ホームテックワン リフォーム修繕本舗相談窓口
個人情報保護管理者:石塚 重賢
TEL:0120-489-024
(受付時間 月曜から金曜日 祝祭日を除く9時-20時)

第11条(プライバシーポリシーの変更)

当社は、必要に応じて本ポリシーを変更することがあります。但し、法令上同意が必要になるような変更を行う場合、変更後の本ポリシーは、当社所定の方法で変更に同意した方に対してのみ適用されるものとします。なお、当社は、本ポリシーを変更する場合には、変更後の本ポリシーの施行時期及び内容を当社のウェブサイト上の表示その他の適切な方法により周知、又は通知します。

関連記事

最短即日
対応エリア

中野区杉並区世田谷区目黒区練馬区板橋区新宿区渋谷区豊島区武蔵野市三鷹市調布市西東京市狛江市その他エリア