耐震補強|東京都中野区の小さなリフォームなら【リフォーム修繕本舗】杉並区、世田谷区他、東京都全域対応

累計実績3,500件突破!

無料見積もり・無料相談実施中!

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応
Reform Menu

リフォームメニュー

耐震補強

2022.04.07 2022.04.07

「地震で家が壊れないようにしておきたい!」

「大きな地震が来るっていうから・・家は大丈夫か不安」

地震が多く起きる日本では、どの都道府県に住んでいても地震への対策は必要です。

特に東日本大震災や阪神淡路大震災などの震度6を超える揺れを経験した人達にとっては「家族と家さえ無事でいてくれれば」という思いが強いでしょう。

震度6を超える地震があった後でも、慣れない避難先ではなく、変わらず自宅で過ごしたいという人が多いのではないでしょうか?

弊社では、そんな地震への住宅における対策である「耐震補強」を承っています。

プロの診断の元、皆さんの住宅が地震の被害を受けないよう、影響を最小限にとどめることができるよう工事を行います。

耐震補強については、気軽に弊社にご相談ください!

補強工事の前に知っておきたい!”耐震等級”とは?

皆さんのお宅は、どれほど地震に強いか把握していますか?

建物における地震への強さは「耐震等級」で表し、1〜3の数字で強度を示します。

耐震等級1・建築基準法で定められている最低限の耐震性能を満たす水準
・震度6強から7程度が発生した際に倒壊、崩壊しないレベル
※半壊などの損傷は発生するということ
耐震等級2・耐震等級1の1.25倍の地震に耐えられる
・学校などの公共施設は耐震等級2以上を保つのが望ましい
耐震等級3・耐震等級1の1.5倍の地震力に耐えられる
・消防署や警察署の多くは耐震等級3で建てられている

この表だけを見ると「耐震等級1でも十分そう!」と思う人が多いかもしれません。

しかし!2016年に起きた熊本地震における震度7の揺れによって、耐震等級2の家が倒壊しました。

一方、耐震等級3の家は地震の後も居住できる状態で残っています。

熊本地震や東日本大震災などの災害を経て、私達が目指すべきなのは「大きな地震の後でも変わらず居住ができる家」です。

全部が倒壊はしていないものの、居住ができない状態では意味がありません。
安全に自宅避難ができるような強さの家を目指していきましょう。

自宅の耐震等級を知るには?

一般的な2階建て住宅は、建築士が責任をもって「建物の強さの計算(構造計算)」を行うことになっています。

自宅の『耐震等級』を知るためには、その構造計算の結果を知ることが近道です。

建築の際の図面と一緒に資料をいただける建築会社もありますので、引き渡しの際などにいただいたファイルなどを確認してみましょう。

いただいた資料の中にない場合は・・

・建築会社に問い合わせる
・構造計算を行っている会社に依頼する

どちらかの方法で調べることになります。

弊社の耐震補強では、構造計算の元、足りない強度を補うために工事を行います。
補強工事と合わせて構造計算についても行うことができるので「建築会社に問い合わせたけど資料がない・・」という場合は、弊社にご相談ください!

耐震補強のご相談

こんな家は地震に弱いかも?耐震補強が必要な住宅とは?

地震に対して弱くなってしまいがちなケースは下記の3つです。

①窓が多い家
②1階の壁面積が小さい家
③吹き抜けがある

皆さんのお宅にはこの3つに当てはまるものがあるでしょうか?
ある場合は、耐震補強を行うことを検討してみてください!

耐震補強が必要な住宅①窓が多い家

窓が多い家は、家全体の壁の量が少なくなります。

耐震等級を上げる(地震に強くする)ためには、壁が多くあることが必要であるため、窓が多いと地震に対して弱くなりがちです。

そのため、家全体の強さのバランスをみながら、窓以外の壁へ耐震補強が必要になるケースが多くあります。

耐震補強が必要な住宅②1階の壁面積が小さい家

地震に対して強い家をつくるために「1階の壁面積が大きいこと」が重要です。

2階を支えているのは1階の壁になるので、1階が強くなければいけません。

しかし、1階には広いLDKや大きな窓を配置することが多いため、壁面積が小さくなってしまいがちです。
確保できた壁面積の中で、耐震補強を行い、弱さを補うようにしましょう。

耐震補強が必要な住宅③吹き抜けがある

地震への強さを計算する際に、吹き抜けがあると不利になってしまいます。
吹き抜けを3方の床で支えることができればバランスを保つことができますが、間取り上それが難しい場合が多いでしょう。

すると、家全体の強さのバランスが崩れ、地震に弱くなってしまうのです。

詳細な計算を行った上で、耐震補強工事を進めていくことが必要になります!

東京都で耐震補強をするなら弊社へ!

今回は耐震補強について解説してきました。

【耐震補強をする前に知っておきたいこと】
・地震への強さを表す「耐震等級」
・1〜3でがあり3が1番強い
・熊本地震では耐震等級2でも倒壊した家があったため、3を目指すことが推奨されている

【耐震補強が必要になるケースが多い家】
①窓が多い家
②1階の壁面積が小さい家
③吹き抜けがある

弊社では地震に強い家にするために「耐震補強工事」を承っています。

地震大国である日本は、どこの地域においても大きな地震に見舞われる恐れがあり、地震への対策は必須です。

築年数や家の大きさによっても費用は大きく異なりますので、下記の問い合わせフォームより、気軽にご相談ください♪

耐震補強に関する
お問い合わせ中野区、杉並区、世田谷区を中心に
東京都全域対応、
お気軽にお問い合わせください

0120-489-024
営業時間8:00〜20:00土日祝日対応

  1. 01.情報入力
  2. 02.内容確認
  3. 03.送信完了

お問い合わせ、要望がございましたら、以下のフォームに必要事項をご記入いただき、
プライバシーポリシーをご確認の上、送信してください。

*は必須項目です。

お問い合わせ項目
お名前
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認)
ご希望の連絡方法
お問い合わせ内容

個人情報保護方針

ホームテックワン(以下、「当社」といいます。)は、個人情報及び個人データの取扱いについて、以下の通りプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(定義)

  • 1 「個人情報データベース等」とは、当社が、1.氏名、メールアドレス、本サービスの利用履歴を含む個人情報(個人情報保護法第2条第1項に定義される個人情報を指します。以下同じ。)をコンピュータを用いて検索できるように体系的にに構成したもの及び2.コンピュータを用いないものであっても、これに含まれる個人情報を一定の規則に従って整理することにより、特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成した情報の集合物であって、目次、索引その他検索を容易にするためのものを有するものを言います。ただし、利用方法から見て、個人の権利利益を害する恐れが少ないものとして、以下のいずれにも該当するものを除きます。
  • (1)法又は法に基づく命令の規定に違反することなく、不特定かつ多数の者に販売することを目的として発行されたもの
  • (2)不特定かつ多数の者により随時に購入することができ、又はできたもの
  • (3)生存する個人に関する他の情報を加えることなくその本来の用途に供しているもの
  • 2 「個人データ」とは、個人情報のうち、個人情報データベース等を構成するものをいいます。

第2条(法令の遵守)

当社は、個人情報保護法その他の法令及び関連するガイドラインを遵守して、個人情報及び個人データを取り扱います。

第3条(利用目的)

当社は、以下に定める目的の範囲内で個人情報を利用します。

  • (1)お客様のからのお問い合わせに対応するため
  • (2)お客様に対する各種ご案内・ご連絡のため
  • (3)お客様に対する各種サービス・商品提供のため
  • (4)サービス・セミナー・イベント等のご案内のため
  • (5)メールマガジン配信のため
  • (6)当社のその他マーケティング活動のため
  • (7)当社の採用選考のため
  • (8)当社従業員の雇用管理のため

第4条(安全管理措置)

当社は、個人データの漏えい、滅失または棄損の防止その他の管理のために必要かつ適切な安全管理措置を講じます。さらに、個人データを取り扱う従業員に対して、必要かつ適切な監督を行います。

第5条(個人情報保護マネジメントシステムの改善)

当社は、個人情報保護マネジメントシステムを管理・運用し、当社を取り巻く環境の変化と実情を踏まえ、適時・適切に見直して継続的に改善をはかります。

第6条(個人データの第三者提供)

当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめお客様の同意を得ることなく、第三者に個人データを提供しません。

  • (1)当社が、前条に定める利用目的の達成に必要な範囲内において個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合
  • (2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合
  • (3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき
  • (5)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • (6)上記各号に掲げるほか、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

第7条(Googleアナリティクスの利用)

当社は、本ホームページを利用するお客様のプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信及び統計データの取得のため、Googleアナリティクスを使用する場合があります。Googleアナリティクスは、Cookieを用いてトラフィックデータを収集しますが、収集されるデータは匿名であり、個人情報を含むものではありません。詳細については以下のGoogleのウェブサイトをご覧ください。

ユーザーがGoogleパートナーのサイトやアプリを使用する際のGoogleによるデータ使用

第8条(個人データの開示等)

当社は個人情報保護法の定めに基づき、個人データ(当社が開示する権限を有するものに限ります。いか、本条及び次条において同じ。)の利用目的の通知又は個人データの開示を求められたときは、ご本人からのご請求であることを確認の上で、遅滞なく通知又は開示を行います(当該個人データが存在しない時にはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が通知又は開示義務を負わない場合は、この限りではありません。なお、個人データの利用目的の通知又は開示に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第9条(個人データの訂正及び利用停止等)

当社は、個人情報保護法の定めに基づき、(1)個人データの内容の訂正(追加又は削除を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合、及び(2)個人データの利用停止(第三者提供の停止を含みます。以下、本条において同じ。)を求められた場合には、ご本人からのご請求であることを確認の上で遅滞なく必要な調査を行い、その結果、当社が必要と判断したときは、個人データの内容の訂正又は利用停止を行い、その旨を通知します。なお、訂正又は利用停止を行わない旨の決定をしたときは、その旨を通知いたします。なお、個人データの内容の訂正又は利用停止に先立ち、手数料として1件あたり1000円をご負担いただきます。

第10条(お問い合わせ窓口)

個人データの取扱いに関するご質問又はご苦情は、お問い合わせフォーム又は以下の窓口にご連絡ください。

〒164-0002 東京都中野区上高田4-34-5スクエア102
ホームテックワン リフォーム修繕本舗相談窓口
個人情報保護管理者:石塚 重賢
TEL:0120-489-024
(受付時間 月曜から金曜日 祝祭日を除く9時-20時)

第11条(プライバシーポリシーの変更)

当社は、必要に応じて本ポリシーを変更することがあります。但し、法令上同意が必要になるような変更を行う場合、変更後の本ポリシーは、当社所定の方法で変更に同意した方に対してのみ適用されるものとします。なお、当社は、本ポリシーを変更する場合には、変更後の本ポリシーの施行時期及び内容を当社のウェブサイト上の表示その他の適切な方法により周知、又は通知します。

関連記事

最短即日
対応エリア

中野区杉並区世田谷区目黒区練馬区板橋区新宿区渋谷区豊島区武蔵野市三鷹市調布市西東京市狛江市その他エリア